牡蠣(かき)で精力増進、その理由とお勧めレシピ:バイアグラ処方でおすすめのクリニック~東京編~

牡蠣(かき)で精力増進、その理由とお勧めレシピ

精力増進を図る食材は多々有りますが、今回は牡蠣(かき)について書いていこうと思います。牡蠣は食して美味しいだけでは無く亜鉛を含む代表的な食材でも有るのです。亜鉛には、精子形成の促進やED(勃起不全)の解消があり、非常に効果的な栄養だと言えます。さらに亜鉛は身体を作る為に絶対必要な必須ミネラルとも言われています。

 

その他にも亜鉛には様々な効果があり、薄毛の解消や女性にも嬉しいアンチエイジング効果なども有ります。また味覚障害の方の治療にも用いられるなど、亜鉛の摂取は重要度が高く注目を集めています。

 

亜鉛を摂取する際はビタミンCやクエン酸やリンゴ酸等と一緒に摂取すると亜鉛の吸収率が上がると言われている為、そういった所もしっかりと意識しながら摂取する事でより効果を実感出来るでしょう。

 

※逆にコーヒーと一緒に摂取したり、豆類に含まれるフィチン酸も亜鉛の吸収率を下げてしまうので、気を付けましょう。

 

「牡蠣はちょっと苦手だな」という方もいらっしゃると思います。そんな方は別の食材でも亜鉛の摂取は可能なので、ご心配なく!

1.魚介類では鰻(うなぎ)や蟹(かに)、煮干し、するめ等が挙げられます。

2.肉類はビーフジャーキーやレバーや牛肉に含まれます。

それ以外だとアーモンドやパルメザンチーズ、抹茶、卵黄、ごま等も亜鉛を含む食材の一種ですね。

 

今回の牡蠣のレシピは「牡蠣の炊き込みご飯」です。上でも話した通り牡蠣には亜鉛が多く含まれており、食事で亜鉛を摂取する際はベストと言っても良いでしょう。その牡蠣を炊き込みご飯にする事で、無駄なく摂取する事が出来るのでお勧めです。また炊き込みご飯に生姜を一緒に添える方もいらっしゃいますが、生姜には身体を温める効果がある為、一緒に取る事をお勧めします。後はしっかりとした睡眠や食生活をする事も非常に大切です。

 

 

 

 

このページの先頭へ