サビトラの効果:バイアグラ処方でおすすめのクリニック~東京編~

サビトラの効果

サビトラ(Savitra)はインドのサバ・メディカ社で製造されているバルデナフィル(Vardenafil)を有効成分としたレビトラ(Levitra)のジェネリック医薬品になります。

サバ・メディカ社は2003年に設立され、心臓血管や糖尿病、泌尿器系や消化器に関する疾患の治療薬、抗インフルエンザ、鎮痛剤などの薬だけではなく、ペットケア用品や動物の薬も取り扱っています。ED治療薬においてはサビトラ以外にも様々なジェネリック医薬品を製造し販売しています。

サビトラの服用方法・飲み方

サビトラは有効成分がレビトラと同じバルデナフィルなので、効果効能や服用方法についても同様となります。
サビトラを服用後、約15~30分で効果が出始め45分で最大効果時間(ピークタイム)を迎えます。効果持続時間は約5~8時間です。

※レビトラ同様食事やアルコールの影響受けにくいとありますが、ED治療薬全般で影響が全くないというものはないので、しっかりとした効果を得るのであれば空腹時の服用で、もし服用後に食事をするのであれば2時間ほど開けることが望ましく、食事の内容も脂っこいものを避けて腹八分目程度に抑えることが大事になります。食後の服用であっても食前と同様にする方が効果は得られます。

サビトラの副作用

サビトラはレビトラと同様の副作用があり、頭痛やほてり鼻づまり、眩暈や動悸、物が青く見えるなどの視覚異常、目がかすむなどがあります。ちなみにこれらの副作用はED治療薬全般にみられる症状で、そもそも血管拡張作用があることからこういった症状が出ますが、薬の効果の表れでもあり薬効が消失するのと同じように副作用もおさまります。個人差やその時の体調によって出たりでなかったりすることもありますが、どれも重篤なものではない為安心して下さい。しかし、薬効時間が過ぎても症状がおさまらない場合は医療機関へ相談することをお勧めします。

サビトラの服用禁忌・併用禁忌薬

レビトラ度同様に、バルデナフィル系製剤を服用してアレルギーを起こしたことがある方、心血管系障害により医師より性行為が不適当だと診断された方、先天的不整脈がある方や抗不整脈薬を使用中の方、6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を起こした方、重い肝障害のある方、血液透析が必要な腎障害がある方、最大血圧90mmHg以下の低血圧の方、最大血圧170mmHg以上の方、不安定狭心症の方、HIV治療薬などの坑ウィルス薬、内服の抗真菌薬を使用中の方、進行性夜盲などの網膜色素変性症の方、女性の方、未成年の方は服用が出来ません。。

上記以外に硝酸剤を使用中の方は服用できません。硝酸剤には飲み薬だけではなく、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなどもあり、急激に血圧が低下することで最悪の場合死に至るので服用できません。

これらのことからも、他のED治療と違い禁忌とされる薬や症状がバルデナフィル製剤は多く、服用中の薬の作用を増強したりするので要注意です。また、個人で判断は難しいことからも専門のクリニックや医療機関で医師と相談することをお勧めします。

サビトラの効果

サビトラはレビトラの有効成分バルデナフィルを持つのでレビトラと同じ効果が得られます。三大ED治療薬はPDE-5 (ホスホジエステラーゼ5型)阻害薬に分類されており、勃起を妨げるPDE-5 という酵素を阻害することにより勃起を促します。
服用における記述にもある通り、バルデナフィルを有効成分としたものは他のED治療薬に比べて即効性があり、勃起時の硬度に対しても効果が高いというデータがあります。
効果発現までは約30分で、早い人だと15分程度で出始めます。他のED治療薬が約1時間前に服用するものに比べたら、性行為の直前でも安心でき人気が高い理由もうなずけます。また、効果持続時間も5時間から8時間と満足のいく作用時間かと感じます。持続時間のふり幅としてはレビトラにおける10mg錠と20mg錠の違いと、体調によるものなので最大効果をしっかりと感じるのであれば20mg錠を選択することが望ましいです。

ED治療薬を飲むだけでは勃起はしない

たまに他の口コミサイトや通販サイトに「精力剤」や「飲むだけで勃起」などの記載があるのを見かけますが、ED治療薬は興奮剤や催淫剤の類ではないのでムラムラしたり飲んですぐ勃起しっぱなしになるということはありません。ED治療薬を服用しても何らかの性的刺激や性的興奮がなければ勃起効果はなく、むやみやたらに勃起を促すものではありませんのでご注意下さい。

サビトラのインターネット通信販売・個人輸入代行業者に注意

サビトラをはじめED治療薬はネット通販や個人輸入サイトなどで簡単に購入できるようになりましたが、その実体として偽物や粗悪品が混入していることや有効成分が含まれていないもの、別の成分が入っているものが混入しているといったことがあります。これらには流通経路の問題があり、ごく一部の専門医療機関でなければ混入を予防できません。安かろうよかろうと個人の判断で購入するより、自分のEDの状態や治療薬の情報の提供してもらえる専門のクリニックや医療機関で受診・処方してもらうことが安心安全でしょう。

このページの先頭へ