ザイデナ(ウデナフィル)の効果:バイアグラ処方でおすすめのクリニック~東京編~

ザイデナ(ウデナフィル)の効果

世界には、数多くのED治療薬(勃起不全治療薬)が存在します。最も知名度が高く、処方実績のあるバイアグラをはじめ、レビトラ、シアリス、ステンドラ、カマグラゴールド、バリフなど数え上げればいくつも出てきます。

今回は、2005年に発売された「ザイデナ」というED治療薬についてご紹介していきます。ザイデナの持つ効果や副作用はどのようなものなのでしょうか、それではみていきましょう。

 

ザイデナとは?

ザイデナ(ZYDENA)は、「ウデナフィル」を有効成分とするED治療薬で、韓国の東亜(トンア)製薬が開発し、製造販売を行っています。この東亜製薬は、韓国では知名度の高い大手製薬会社で、イギリスのGSK(グラクソスミスクライン)社、日本の明治ホールディングス子会社のMeiji Seika ファルマ社などと提携関係を結び成長を続けています。

ザイデナは、日本では未承認のため、正規のものを入手するには一部のクリニックや病院などの医療機関で処方を受けるしかありませんが、韓国国内では人気の高いED治療薬となっています。また、フィリピンなどのアジア各国やロシアを含む世界30ヶ国以上へ輸出されグローバル展開されています。

 

ザイデナ(ウデナフィル)の効果

ザイデナの有効成分ウデナフィルは、PDE5阻害剤に分類されます。ED治療薬はどれもPDE5阻害剤であり、勃起を収める働きをするPDE5(ホスホジエステラーゼ5)の作用を阻害し、勃起を促す物質cGMP(環状グアノシン一リン酸)の働きを活発にすることで、陰茎周辺の血管拡張と血流増加が促進され、EDの症状改善、硬く持続性のある勃起が実現されます。

基本的な薬剤の効果が現れる仕組みは、どのED治療薬でも同じなのですが、それぞれ違う成分であるため異なる特徴をもっています。例えば、バイアグラは即効性があり30分から1時間くらいで効き始め、3~6時間くらい効果が持続します。一方、シアリスは、効いてくるまでに2時間くらいかかるかわりに、最長で36時間もの長時間効果が持続します。それでは、ウデナフィルはどうかというと、バイアグラの即効性とシアリスの持続性を兼ね備えています。ウデナフィルは、服用から30分から1時間くらいで効果が現れ、12時間から最長で24時間後くらいまで効果が持続します。また、ED治療薬は、食事の影響を受け易いため空腹時の服用が最適ですが、ウデナフィルはシアリスと同様に食事の影響を受け難くなっています。ただし、十分な効果を得るためには空腹であることが推奨されます。もう1点、勃起時の陰茎の硬さを比較すると、ウデナフィルはシアリスと同様に、バイアグラよりもマイルドな効果とされています。

以上のような特徴を持つことから、ザイデナ(ウデナフィル)は「即効型のシアリス」と呼ばれることがあります。シアリスのように36時間もの長時間効果が続く必要はないという日本人も多く、欧米人とはライフスタイルやセックススタイルの異なる、アジア人向けのED治療薬といえるのではないでしょうか。

 

ザイデナ(ウデナフィル)の副作用

副作用として現れる症状は、血管拡張作用によるものがほとんどで、目の充血や顔のほてり、鼻詰まり、頭痛などがあります。アルコールを摂取した時と似たような症状だと思っていただくと分かり易いかもしれません。まれに、視界に青いフィルターがかかったように見える青視症が現れる方もいらっしゃいます。しかし、ED治療薬の副作用は、薬効が切れるとともに消失し、重篤なものではありませんのでご安心ください。

 

ザイデナ(ウデナフィル)の飲み方・服用方法

ザイデナには、ウデナフィルの含有量によりザイデナ100mg錠と200mg錠の2種類があり、処方を受けたものを1回1錠、性行為の30分から1時間前に水又は白湯で服用します。服用の際は、空腹を心がけておくことでしっかりとした効果が発揮されます。もともとマイルドな効果といわれていますので、ザイデナ(ウデナフィル)200mg錠を用いたED治療がおすすめです。また、ED治療薬を1錠服用された場合、次の1錠を服用するまでには24時間以上の間隔を空けるようにしてください。

ザイデナ(ウデナフィル)の通販・個人輸入代行での購入は危険

ザイデナは、日本での承認がまだ得られていませんので、入手するにはクリニックや病院での処方を受けるか、インターネットなどを利用した通販・個人輸入代行での購入が考えられます。クリニックなどの医療機関であれば、正規の薬剤仕入れ経路を確保しているため、安全な薬剤の取り扱いがなされていますが、通販・個人輸入代行では事情が変わってきます。このような方法で購入した薬剤の約60%は偽物であるということが発表されており、大変な危険が伴います。単に効果がないだけならまだしも、有害物質が含まれていることによる健康被害の可能性も十分にあり得ます。手軽さに惹かれて利用するのは避け、必ず専門のクリニックや病院を受診して、医師の診断の元で処方を受けるようにしてください。

このページの先頭へ