ジマトラの効果:バイアグラ処方でおすすめのクリニック~東京編~

ジマトラの効果

基本的なED治療薬には現在バイアグラ(Viagra)、レビトラ(Levitra)、シアリス(Cialis)がありますが、最近ではステンドラ(Stendra)という超即効型のED治療薬も出ています。これらにはそれぞれ特徴があり、ED(勃起不全)の症状や体調によって使い分けたり処方されます。どのED治療薬においても自身の症状や体調を踏まえて医師の診察を受けることができるクリニックや医療機関で処方されることがお勧めです。今回は「ジマトラ(Zimatra)」についてです。

ジマトラとは

ジマトラはイギリスのロンドンを拠点とするジマー・ファーマ社(Zimmar Pharma Ltd.)によって製造販売されています。ジマトラの有効成分はバルデナフィル(Vardenafil)で、バイエル社の製造するレビトラのジェネリック医薬品に位置します。レビトラのジェネリック医薬品であるジマトラはその有効成分からもわかるように、レビトラと効果効能が同等になります。

ジマトラの効果

ジマトラの有効成分であるバルデナフィルはEDが発症した際に起こりうるPDE-5(ホスホジエステラーゼ5型)という酵素の過剰分泌を阻害する働きを示します。そもそも勃起に至るためには、性的刺激や性的興奮を受けることで脳からNO(一酸化窒素)という伝達物質によりcGMP(環状グアノシン一リン酸)が陰茎付近の血管を構成する平滑筋を弛緩させる指令を出します。血管が弛緩すると血流がよくなり、陰茎海綿体へ血液が流入増加します。陰茎海綿体には蛇行する静脈洞が密集してスポンジ状になっており、血液が充満することで陰茎海綿体は膨張し硬くなります。また、同時に導出静脈が圧迫や閉塞状態になるため血液の流出が抑えられ陰茎全体の膨張に至り、勃起となります。

射精や性的興奮などが終わると陰茎付近に存在するPDE-5が酵素活性し、cGMPを分解します。上記の通りcGMPが勃起の起因となるため、cGMPが分解されることで勃起がおさまります。何らかの原因によってこのPDE-5が過剰分泌や過剰に活性化してしまいcGMPの作用を抑制している状態がEDです。EDによって性的興奮を受けても勃起しなかったり、急に萎えてしまったりする状態に陥りますがED治療薬はこのPDE-5の働きを阻害するため勃起するのをスムーズに補助してくれます。現在どのED治療薬においても、このPDE-5の働きを抑制するため「PDE-5阻害薬」と呼ばれ分類されます。

ジマトラの服用・飲み方

ジマトラはレビトラジェネリックということからも効果のみではなく、服用方法においても同じです。水かぬるま湯で服用後、約30分ほどで効果が表れ始め約45分ほどで効果のピークに至ります。服用後約5時間~8時間効果が持続しますが、体調などによって個人差がありますのでご注意下さい。

ED治療薬にある勘違い

ジマトラに限らず多くのED治療薬でよくある勘違いが「バイアグラは飲んだら勃起する」「飲むだけでムラムラする」「性欲が上がる」などです。これらの様にED治療薬は興奮剤や催淫剤、精力剤や性欲剤のようなものではありませんし、こうした効果はありません。特にシアリスやシアリスジェネリックに対する通販サイトで「食事の影響がない」「食事をしても大丈夫」などの記載がありますが、ED治療薬はいずれも食事の影響がありますし、食後前提での服用は効果が見込まれません。基本的なED治療薬の服用タイミングは「空腹時」で効果が発揮できます。あと「1錠だけ”試した”けど効果がなかった」という方がいますが、ED治療薬は体調や食事の影響に左右されるので同剤で5回から6回は服用してみないとその効果は”試した”という位置づけにはなりません。また、効果がないからと続けてすぐに服用しようとする方がいますが副作用が強く出るなど危険でしかありません。継続して服用する場合は必ず24時間以上開けて服用することが推奨されています。

ジマトラの副作用

ジマトラにおいても他のED治療薬と同様に副作用が現れますが、アルコールで酔っぱらった時の様に頭痛やほてり、鼻づまり、動悸、消化不良などの症状になります。副作用も体調など個人によって出やすい方や全くでないという方がいます。特に頭痛が気になる方はロキソニンなどの鎮痛薬、胃の不快感が気になる方は胃腸薬が服用できるためお勧めです。

ジマトラを服用できない方

ジマトラはレビトラと同様に、血圧降下作用が増強されるため硝酸剤やNO(一酸化窒素)供与剤を使用している方は服用できません。他にも心血管系障害の方は有害事象の報告があるため服用できません。また、バルデナフィル製剤でアレルギー症状を起こしたことがある方、心血管障害などで性行為自体が不適当とされている方、抗不整脈薬を使用中の方、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴が6ヶ月以内にある方、重度の肝障害をお持ちの方、血液透析が必要な腎障害をお持ちの方、医師の管理がされていない血圧に異常がある方、不安定性狭心症のある方、リオシグアトやCYP3A4を阻害する薬剤を使用中の方、網膜色素変性症をお持ちの方、その他服用の際には注意が必要なため医師に相談することをお勧めします。

ジマトラのインターネット通信販売や個人輸入代行業者について

ジマトラやED治療薬を購入するにあたって、通販サイトや個人輸入代行業者を介して購入しようとする方がいます。確かに手軽で安価に購入できるかもしれませんが、メーカーの調査によって約6割もの偽造品が混入していたということが判明しています。こうした薬を知らずに服用した際に、重篤な健康被害を受ける可能性は非常に高く危険です。自身の体調やEDの状態をしっかりと見極めるためにも、こちらのサイトで紹介させていただいているED治療専門のクリニックや医療機関で医師の診断によって処方されるED治療薬を手にすることが安全で安心だと言えます。

このページの先頭へ