スーパーPフォース:バイアグラ処方でおすすめのクリニック~東京編~

スーパーPフォース

ED(勃起不全)に悩まれている方であれば、ED治療薬に様々な種類があるのはご存知かと思います。世界初の内服タイプのED治療薬であるバイアグラ(VIAGRA)、長時間持続性が人気のシアリス(Cialis)、即効性が有り根強い人気を誇るレビトラ(LEVITRA)等が有名でしょうか。またこれらの薬剤にはジェネリック医薬品と呼ばれる所謂、後発薬も存在します。それも含めると今ではかなりの数、種類のED治療薬が発売されています。

今回はそんなジェネリック医薬品の中でも、「スーパーPフォース」というED治療薬について書いていきたいと思います。

ジェネリック医薬品はそもそも安全なのか?

ED治療薬に限らず、ジェネリック医薬品というモノに抵抗を示す方はまだ沢山いらっしゃいます。そういった方は「最初に出たメーカーの方が安心だから」や「ジェネリック医薬品は値段が安いから不安」というのが一般的です。気持ちは分かります。しかしジェネリック医薬品はその名の通り医薬品なので、ジェネリックとして販売する為には、世界的基準ががあり、それをクリアしないとジェネリック医薬品としては認められません。

先発薬とジェネリック医薬品(後発薬)で違うのは、錠剤の形や包装しているシート、薬剤によってはコーティング剤が違う薬剤も在りますが、正直な所それだけで薬剤の効果効能まで変化するとは考えにくいのです。もちろん1部のジェネリック医薬品は除きます。それに関しては後程。

日本にお住まいの方であれば、一度は耳にした事もあるであろう。東和薬品や大興製薬、辰巳化学、テバ製薬など大手の製薬メーカーもジェネリック医薬品を製造販売しているのが事実です。この事からジェネリック=危険では無いのです。また価格に関しては、単純に初めて開発したメーカーなので開発費が掛かる分値段が高い。というだけです。

スーパーPフォース

では今回の表題であるスーパーPフォースとはどういった薬剤なのか?スーパーPフォースは簡単に説明をするとバイアグラのジェネリック薬品に当たります。なので、基本的な効果効能や副作用、有効成分は同じです。ちなみにバイアグラの有効成分はシルデナフィルですので、スーパーPフォースも当然、有効成分はシルデナフィルです。

なら別にバイアグラでも良いのでは無いか?他にもバイアグラのジェネリック薬品はあるからそっちでも良いのでは無いか?と考える方も居るでしょう。しかし、実はスーパーPフォースは合剤なのです。何との合剤か、それは早漏症を改善する成分であるダポキセチンを配合しているのです。

EDを発症した患者の3人に1人は早漏症を合併すると言われています。なので本来であれば、ED治療薬と早漏治療薬の両方を服用する必要が有るのですが、このスーパーPフォースであれば、1錠でEDと早漏の両方に対応する事が可能なのです。ダポキセチン自体は早漏治療に良く用いられる薬剤の主成分で、信頼度はかなり高いと言えるでしょう。スーパーPフォースの成分の割合は、シルデナフィルが100mgとダポキセチンが60mgとなっており、どちらも一番効果的な含有量となっています。

副作用

合剤というのはただ、2つの薬剤が1つになっただけなので、副作用がそれぞれより強くなったりする事は在りません。しかしそれぞれの副作用をしっかりと知識としてしっておく事は大切だと言えるでしょう。もちろん普段から服用している薬剤との飲み合わせ等も有るので、より詳しい事は医師に相談するのが一番でしょう。

シルデナフィルの副作用

一般的に報告されている副作用は、頭痛や眩暈、顔の火照り、鼻詰まり、視界が青くなる。などが挙げられます。これだけ見ると不安になる方もいらっしゃいますが、他の一般的な薬剤よりも副作用の発現率は低いと言われており、また当然ですが、永続的な副作用では無く薬剤の効果が切れると副作用も無くなります。それでも頭痛が気になる方はロキソニン等の消炎鎮痛剤との併用も可能です。副作用のイメージはお酒を飲む方は飲んで酔っ払ったイメージ、飲まない方はお風呂でのぼせた感じをイメージして頂くと良いでしょう。

ダポキセチンの副作用

ダポキセチンの副作用で一般的な症状は、頭痛や吐き気、眩暈、下痢、多汗、眠気、疲労感。などが挙げられます。こちらも副作用の発現率は低いと言われており、中には効果だけを実感し副作用は全く感じなかった。という方も沢山いらっしゃいます。こちらも頭痛が酷い場合はロキソニンなどとの併用も可能です。また、服用時に水を多く飲む事で副作用をある程度緩和する事も可能だと言われており、実際にそういったデータも出ています。

この2つが合剤になって人気が出た理由はそれぞれの効果の高さはもちろん、どちらも効果が発現するまで、約1時間という飲み合わせが非常にしやすいからだと言えるでしょう。

インターネット通販、個人輸入には注意。

こういった薬剤は今だと簡単にインターネット通販などで購入が可能です。しかし現状インターネット通販などで出回っている薬剤の約6割以上が偽物だと言われており、誤って服用してしまい深刻な健康被害にあった方も少なくありません。なのでしっかりとしたED専門クリニックに赴き、医師の問診を受け、処方してもらう事が大切なのです。

 

このページの先頭へ