更年期によるED :バイアグラ処方でおすすめのクリニック~東京編~

更年期によるED 

現代の日本において男性の更年期障害の認知が少しずつ増えています。医学の世界でも、その診断や治療についてはまだ新しい領域とされています。
「LOH(Late-onset hypogonadism)症候群=加齢男性性腺機能低下症候群」とは、まだ聞きなれない方もいるかと思いますが、一時的な症状ではなく加齢やストレスによってテストステロンという男性ホルモンが減少することによる様々な不調を引き起こす病気です。簡単に言えば、加齢によって現れる身体の諸症状で様々な原因があります。働き盛りの40~50代に発症することが多く、単純に疲れによる不調だと思い込んで治療せずに長期間にわたって悩んでいる人が多いのも特徴だと言われています。

「やる気が出ない」は男性更年期障害のサイン

「朝起きられない」「疲れやすい」「なんか調子が悪い」「性的能力の衰え」「頻尿」「めまい」「のぼせ」「ほてり」など、加齢による多様なストレスや身体の変化がLOH症候群のサインになります。


若い人にはストレスによる影響が大きく、年齢を経ていくにつれて中高年には男性ホルモン低下による症状が現れやすい傾向にあります。20代をピークにして男性ホルモンのテストステロンは徐々に減少していきます。
このテストステロン減少のスピードが速いと更年期障害の症状が早くに現れやすいとも言われていますが、個人差があるため調べてみないとテストステロンの分泌量は分かりません。しかし、テストステロンの分泌量が低くても元気で健康的だという中高年の人もいるので、関係性についてはまだはっきりとはわかっていません。

男性ホルモン(テストステロン)の役割

上記の通り、一般的には男性ホルモンであるテストステロンは加齢とともに低下します。男性ホルモンはその名の通り、男性力を高めるのに重要な役割があり、筋肉や性欲、毛深さなどの男性的特徴や精子の生成に密接に関係しています。男盛りと言われる30代~40代で男性ホルモンの低下が著しいと、その影響は身体に現れたり精神的なものへ影響したり、また性機能に対しても影響を及ぼします。


身体的なものであれば、ほてりやのぼせ、筋肉・関節のこわばりなどがあり、体表面に現れるのではなく「体のだるさ」といった形で現れます。精神的なものには抑うつ感や不安、記憶力や集中力の低下などで「やらなければならないのに頭に入ってこない」「判断力の低下」などが挙げられます。性的なものによる症状は性欲の低下やED(勃起不全)があります「性交のタイミングで勃たない」といった症状です。その他にも喫煙、飲酒、ストレス、運動不足などによって身体の酸化が進行し、目に見えてシミやしわが増えたり体力がなくなり「簡単な作業が難しく思えて新たなことが頭に入ってこない」というように衰えていきます。

誰にでもなる可能性がある

一般的に40~50代を更年期と指しますが、男性ホルモンのテストステロンが20代をピークに減少することから、若い人でも症状が現れると言われています。世代問わず「疲れやすい」などのあいまいな不調が危険信号と言われています。

男性ホルモンが減少することによって髭や体毛が薄くなり、運動不足や筋肉が落ちて代謝が減ることで内臓脂肪が増えて、そのまま食事の改善や生活習慣の見直しがされないと、おなかが出てきます。目に見えたり体感としてもわかるものには「朝勃ちが1か月以上ない」という状態があります。これは糖尿病などの生活習慣病の疑いも含めて早めに医療機関での受診をお勧めします。

更年期障害は直接的に命にかかわるものではありませんが「やる気が出ない、何をしても楽しくない」などのうつ症状が悪化すると自殺願望を生じることもあり、ちょっとしたサインも安易に見過ごせません。比較的若年層から精神的症状が現れやすく、まじめに仕事一筋に働いたりストレスをためやすくなかなか趣味に時間が取れなかったり発散方法がない人は注意が必要です。

※男性と女性の違いとして、女性の場合と比べて男性の場合はホルモンの低下が緩やかに起こります。男性更年期障害はすべての人に現れるわけではなく、何の症状もなく老年期を迎える人もいるようです。性ホルモンの減少は自然な身体の変化ですが、「つらい」というような自覚症状に対してQOL(quality of life=生活の質)を維持するための治療を行うのがLOH症候群に対しての基本的な考え方です。

LOH症候群で引き起こされるEDの治療

上記にも少し触れましたが、LOH症候群によってEDや早漏症を発症する可能性があります。LOH症候群のED治療にバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬は有効です。また、早漏症の治療薬であるプリリジーは射精時間を延ばすのでパートナーとの満足度を高め、関係性の改善に期待できます。
こちらでも紹介しているED治療専門のクリニックや医療機関ではLOH症候群などによるEDの症状にも対応しています。一人で悩まず、まずは受診することをお勧めします。

普段の生活習慣を見直すことも大事

亜鉛やビタミンB群を摂取することでテストステロンの維持ができるという報告があります。また、必須ミネラルである亜鉛は、通常の食事からはなかなか必要量が摂取できないのでサプリメントから補うことが手軽でお勧めです。特に亜鉛はタンパク質合成に欠かせないミネラルなので意識して摂取した方がいいでしょう。
たかだか睡眠と思われる方もいるかもしれませんが、睡眠はバカにできません。睡眠もテストステロンを維持することに重要な役割を果たしています。質の悪い睡眠はテストステロンの低下やストレス解消もされません。ストレスが要因でEDを発症することからも、しっかりとした睡眠をとるようにしてください。さらに、飲酒や喫煙でもテストステロンの低下が起こため程よくたしなむことをお勧めします。

ED治療は専門の医療機関・クリニックへ

冒頭にもある通りLOH症候群は少しずつ認知されてきていますが、それによって起こるEDの症状をなかなか相談できない方がいます。こちらのサイトで紹介させていただいているクリニックや医療機関では様々な要因によって引き起こされたEDに対して相談いただけます。一人で抱えて悩まず、早めに医療機関で受診することが改善につながります。

このページの先頭へ