ED治療薬を知る:バイアグラ処方でおすすめのクリニック~東京編~

ED治療薬を知る


ジェネリック医薬品の利点


ED治療薬の代表と言えばバイアグラ(Viagra)ですが、今やジェネリック医薬品が世界中で使用され親しまれています。ジェネリック医薬品は先発品と同じ有効成分で効果や効能が同等でなければジェネリック医薬品として認められないということからも、先発品と異なり研究・開発費や広告費などの導入時の費用が掛からない為、ジェネリック医薬品は安価で製造販売できるという利点があります。こうしたことからもジェネリック医薬品を処方されれば医療費が抑えられて非常に便利だと感じることができます。


バイアグラによる勃起への効果


バイアグラは特に世界初のED治療薬なので、その人気は根強いものです。ED治療薬を初めて使う人や様々な治療薬を試されたことのある方でも一度はその効果を試されたことがあると考えられます。バイアグラの他、レビトラ(Levitra)やシアリス(Cialis)を含む三大ED治療薬の中でも一番陰茎に硬さをもたらしてくれるのがバイアグラであることは間違いありません。そしてED治療薬の基本的な使用方法はバイアグラの服用時の注意によって、どういったことで作用や効果に影響が出るのか知ることができます。


ED治療の本場は海外


有効成分がシルデナフィル(Sildenafil)としているED治療薬は基本的にバイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品となりますが、上記の通りジェネリック医薬品は先発品と同じ有効成分で同じ作用を示しながらも価格が抑えられるためED治療の第一選択薬はバイアグラジェネリックとなるのは必然です。日本国内での承認はまだですが、シルデナフィル100mgを含む「バイアグラ100mg錠」がED治療の本場のアメリカやヨーロッパなどの海外では基本となっています。


ED治療薬の効果を得るために


日本人の性格として医薬品は成分が少ないものから使うという文化があり、薬害などの健康被害にあいたくないという気持ちが多少なりとも存在しているのだと考えられます。しかしながらバイアグラをはじめとするED治療薬を使用しての性行為時にできた胎児に障害があったなどの報告はありません。また、医師の診察時に持病や服用中の薬などがあれば飲み合わせなどの相談や、しばらくして別の生活習慣病などの基礎疾患を患ってしまった場合にED治療薬を継続していいかなどの相談を医師に確認していれば過度な心配はいらないはずです。また、ED治療薬は「効果が発現するかしないか」というところが肝であり「医薬品のため副作用はいずれの用量でも発現する」ということを頭に入れておかなければなりません。有効成分が少量であればその分勃起に対する成功率は低くなりますし、ED治療の本場である海外を例にとれば通常使用量の「バイアグラ100mg錠」での勃起成功率は8割近くとなっています。


ED治療薬は処方されること


上記のことからも体調や罹患している疾病の状態によりますが、シルデナフィル100mgを含むバイアグラジェネリックがED治療に効果的で安価であると言えます。シルデナフィル100mgを含むものは日本国内ではまだ未承認なのでED専門のクリニックや医療機関での処方を受けるかインターネット通販や個人輸入代行業者を介しての購入しかありません。しかしながらネット通販などの医師の診察を受けずにED治療薬を手にする方法を選ぶと、偽造品が混入する可能性が高いことがわかっているため危険です。メーカーなどの調査個人輸入代行業者やインターネット通信販売での購入によって約6割も偽造品が混入していたという結果が出ています。こうした偽造品を知らず使用した場合、思わぬ健康被害を受ける可能性があります。必ずED治療薬は専門のクリニックや医療機関で医師の診察を受けて処方してもらうことが一番安全で安心できると言えます。


飲んですぐ勃起はしない


口コミサイトやED治療の情報サイトなどでED治療薬の使用時の質問としてあげられるものに「服用したら勃起するのか」というものがあります。バイアグラの歴史と共に、こうしたED治療薬に関するウェブサイトが数多く存在し、その情報提供を担っているにもかかわらず正しい認識がなされていない理由として「通販サイトに誘導するEDに関するサイト」が誤認識を蔓延させているからだと考えられます。そういったサイトでバイアグラは「精力剤」や「性欲剤」などの興奮剤のように記載されたり、他の例としては「勃起剤」「飲むだけで男らしさが増す!」などのうたい文句などをつけ、あたかも飲めばムラムラしだすような「催淫剤」のような書き出しをしています。先発品のバイアグラでもバイアグラのジェネリックでも、他のED治療薬においても飲んですぐ勃起するということはありません。一般的に勃起する条件である「性的興奮」や「性的刺激」がなければED治療薬を服用しても勃起しないということです。


ED治療薬の体内での働きや作用の仕組み、特徴


ED治療薬は勃起をおさめるために働くPDE-5(ホスホジエステラーゼ5型)の過剰な酵素活性を抑制し、勃起を促すcGMP(環状グアノシン一リン酸)が陰茎付近の血管拡張作用を補助する役割があるためPDE-5阻害薬に分類されます。これが基本的なED治療薬の働きとなり、三大ED治療薬の有効成分シルデナフィル(Sildenafil)、バルデナフィル(Vardenafil)、タダラフィル(Tadalafil)のそれぞれの違いとしては、血管拡張作用による陰茎海綿体への血液流入増加による勃起時の硬度強化、有効成分の構造が異なり疎水性を示すことで作用時間の延長が行われたり、親水性を示すことによる効果発現時間の短縮など同じPDE-5阻害薬だとしても有効成分の違いによって特徴が変わってきます。


バイアグラジェネリックが一番硬度が出る


いずれのED治療薬でもPDE-5の阻害をするという点では変わらないのですが、重要なポイントとしてEDの症状は「性行時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が得られないめ満足な性交が行えない状態」としていることから初めてED治療を受けるのであればED治療薬の効果時間に関しては2の次であり、まずは陰茎に硬度をしっかりともたらすということにつきます。そのため、EDを発症した場合は上記のことを踏まえてED治療専門のクリニックや医療機関で医師の診察を受けバイアグラジェネリックを処方してもらうことがED改善の一番の近道だと言えます。

 

このページの先頭へ